ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

万引き認知症患者を逮捕時、骨折させた警察に賠償請求

認知症患者が万引き、逮捕時に骨折させ警察に賠償請求

f:id:keamanekaigo:20210911211447p:plain

コロラド州ラブランド市は8日、昨年万引きの疑いがある認知症の高齢女性を強引に逮捕したことを巡り、家族に和解金300万ドル(約3億3000万円)を支払うことで合意した。

 75歳のカレン・ガーナーさんは逮捕された際、肩を脱臼し、腕を骨折した。

警察官のボディカメラ映像には、ガーナーさんと警察官のやり取りが写っていた。

(ボディカメラ映像)

警察官1「私を蹴ったら、事態は悪くなるよ」 ガーナーさん「家に帰るの」

警察官1「やめろ」 ガーナーさん「家に帰るの」

警察官2「やめなさい」

ガーナーさん側の弁護士は8日、警察幹部の辞任を要求した。

ガーナーさん側の弁護士

「警察の悪質な行為の責任を追及する人が、私しかいないことに辟易している。ラブランド警察の内部監査官役を務めるのにうんざりしている。だが私はやめない。  そこで1つ提案がある。信頼を取り戻したいなら、どうすればよいか。辞職しなさい。幹部が説明責任を果たさない限り、地域社会が癒えることはない」

 逮捕に関与した警察官2人は辞職し、刑事責任を問われている。

弁護士によるとガーナーさんは警察の暴力によって体力の衰えが進み、現在は24時間体制の介護が必要だという。

 ガーナーさんの娘も警察に対応を求めた。

 ガーナーさんの娘 「母の介護を続けられるようになったことは喜ばしい。だがラブランド警察にはさらなる変化が必要だ。こうしたことが他の家族に起こってほしくない。  母にとって正しいことがなされたと思う」

 ラブランド市長はガーナーさんと家族に「深い心からの謝罪」を表明した。

 

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 


3億円の賠償請求で和解…

f:id:keamanekaigo:20210905065651j:plain

さすがアメリカ…

さすがアメリカ…。3億円の賠償請求も日本ではなかなか見かけない請求金額だしそれでアメリカ政府も和解するんですね…。
二本だったらもう今頃真相は闇の中になっているんじゃあないかと思ってしまいますね。

訴訟大国のアメリカではこれが日常的な話なのかもしれませんがさすがに金額にはびっくりです…。

アメリカには介護保険みたいな仕組みが無いですからね…。
全額自費…。
シッターやメイドさんを雇わないと仕事ができない…。
泣く泣く仕事を辞めなええばいけない人もいるでしょうね…。
仕事を辞めたらやめたで失業保険が日本のように手厚くもらえらるわけではないでしょうし…。
そうなればあながち3億円ももしかしたら摂り過ぎではないのかもしれませんね…。

 

日本で認知症患者が万引きするとどうなるの?

f:id:keamanekaigo:20210831213233j:plain

勿論責任を問われない。

すでに各地でその判例が出ていますね。
とくに裁判沙汰になるのは何度も何度も窃盗を繰り返してしまう人に関してですね…。

弁護士会裁判員さん達が
『高齢者が万引き等をしたら家族へ引き渡しつつ認知症の症状が無いか等を確認できるシステムが必要ではないか?』
みたいなことを言うのがちょっとしたトレンドになっているようですね…。
確かに分からなくもないんですけど…。
万引きされた方のお店は何度も何度も万引きされて被害甚大だし…。
家族は家族で認知症なんだからしょうがないだろって…?
四六時中見てられないというごもっともな話…。
じゃあどうしたらいいんだって言う社会問題ですね…。

公式ケアマネ介護福祉士も経験済み

認知症が進行してしょっちゅう警察のお世話になっちゃうんだけど、特別養護老人ホームには優先度的に行けない…。
かといって、有料老人ホームやサ高住は費用が高すぎてしんどい…。
そんな人は結構いますね…。
もう残念な話なんですが、ケアマネ介護福祉士が知っている一発解決の方法は収監されるか入院されるかの二択です…。
認知症症状が原因である以上病気が治るって事は無いですからね…。

そうなるまでをどうするかって話にはなりますが…。

ここが最大のポイントですね…。
認知症にも種類があり、万引きやその場で食べちゃう等の警察案件を引き起こしたりしやすいのが前頭側頭型認知症患者さん。
事件や事故に巻き込まれやすいのがアルツハイマー認知症の患者さん…。
(みなさんコレいろんなところで応用的に使いますからしっかり覚えておいてくださいねー。)

あくまでこれは可能性が高いというだけであって、いつも通りエビデンスは【公式】ケアマネ介護福祉士の脳内にある知識のみで参考資料等は出しません。

この認知症タイプに関しては詳しく話をするとキリがないのでざっくりとしか説明しませんが…。

前頭側頭型認知症に関しては刑事、民事的に訴えられてもおかしくない事を理解出来たりできなかったりですがそんなのはお構いなしに本能のまま動いてしまうことが多いタイプ。
いわゆる抑制が効かない状態になります。
なので万引きや暴力事件を比較的割合としては多く引き起こすタイプ。

アルツハイマー認知症に関しては行動機能にそれほど問題が現れず、手続き的に行えていた車に乗ったら鍵を回してエンジンをかける…。
署名捺印をする。
何となく話を理解しているふりをしたり、会話中に会話の内容を忘れている事を上手く言い逃れようとするため強引な悪徳商法に引っかかったり、現金を奪われたり…。
家に帰れなくなっている中で、事故に巻き込まれたりするタイプです。

 

あくまでもそういう人が多いだけでこれに必ず当てはまるとも限らないけど、もともとの性格や気質的問題もありますが…。

 

それにしても骨折はやりすぎ…

f:id:keamanekaigo:20210810211733j:plain

警察官が逮捕時に骨折させるって…。

流石アメリカ…。

銃社会ですから警察も命がけの逮捕なのでっていう話なんですかね?

ただ、3億円ていう大金…。

ホントにすごいですよね…。

 

ケアマネ介護福祉士的には日本はどうしたらいいんだろう…

f:id:keamanekaigo:20210909213434j:plain

認知症患者をどうやって地域で見守るかが大きな問題

コレが大きな問題ですよね…。

アメリカの話ではあるものの、日本も他人事じゃないですよね…。

日本だってどんどん増え前すよね…。

認知症患者はどんどん増える…。

地域包括ケアシステムを推し進めている中で絶対に発生する問題ですよね…。

警察が逮捕するまでもなく、地域包括ケアシステムが出来上がっていたら逮捕ではなく保護でいいのにね…。

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

 

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓