ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

介護者向け

社会人が必ず通る4つの老化。生理的、心理的、社会的、文化的な老化

発達には、生理的、心理的、社会的、文化的という四つの次元があります。このなかでいちばん早く老いが始まるのはどれだと思いますか?

60代ミニマリストが語る終活に向けて5つの断捨離メリット

第二の人生がスタートすることの多い50代から本格的にミニマムな生活を始めたという現在60代ミニマリスト「不用品を手放し、本当に必要なものだけをもつ生活」が50代以降にもたらすメリットについて

地域連携薬局(かかりつけ薬局)創設。地域包括ケアシステムに仲間

「地域連携薬局」認定制度が2021年8月スタート。①地域の医療機関と連携し、患者の入退院などに情報交換②地域の医療・介護関係者が集まる会議参加③在宅療養中の高齢者宅訪問し服薬指導

男性介護もひきこもりも珍しくないからケアマネに相談して欲しい

一方、ケアマネに担当する介護者男性の割合は15%にとどまった。厚生労働省調査で要介護者と同居する主介護者の35%は男性が占めており、「ケアマネすら利用していない男性介護者も多い」と孤立の深刻化を懸念。

栃木県那須塩原市LINEで『ケア』『ケアラー』相談できる。

LINEで『ケア』『ケアラー』相談できる。全国に波及か? LINEで『ケア』『ケアラー』相談できる。全国に波及か? ヤングケアラーが使いやすい?LINEで相談というお手軽さ ホントにLINEで合ってるの? 『ヤング』じゃない『ケアラー』も相談…

猫屋敷専門ケアマネが語る高齢者がペットを飼うべきではない理由

時代はまさに高齢化と核家族、一人暮らしや二人暮らしが急激に増えています。そんな中で、寂しさや生きがいを求めてペットを飼い始める方は多いのではないでしょうか…。老若男女問わずに最近ペットブームですよね。

認知症は他人事じゃない。どんな兆候がある?

アルツハイマー病は発病する約20年前から徐々に進行していますが、高齢者でない人たちは「自分が認知症になるかもしれない」ということにまだリアリティを感じないと思います。ある意味、「他人事」。

介護タクシーが災害時の救助に回った地域包括ケアな話

土石流が発生した静岡県熱海市伊豆山地区、特に高齢者が多く住む地域。 土石流の発生直後高齢者の避難を手助けしたのは地元をよく知る「介護タクシー」坂道が多い熱海市を走る1台のワンボックスカー

AWANAIケアマネやりたいこと全てが詰まっていたので泣きたい

高齢化社会で年々要介護者数が増え、誰にとっても介護は身近な問題。 そんな中「AWANAIケアマネ」というLINEを活用した介護相談ツールが話題。365日で対応してくれる無料の「オンライン介護相談所」。

神奈川県介護福祉士会ワクチン接種会場で謝礼アリのボランティア募集

神奈川県介護福祉士会が新型コロナウイルスワクチンの接種会場へボランティアの会員を派遣。高齢者の移動などをサポートし、ワクチン接種をスムーズに進めることに貢献。秦野市、今月10日から鎌倉市にも活動範囲。

ゴミ屋敷の片づけは財産放棄してもやらなければならない

相続放棄してもゴミ屋敷の「管理責任」管理責任とは、地域の安全や衛生に対して悪影響がないように、持ち主が空き家を適切に管理する責任のことです。相続放棄された財産の「管理責任」は相続人に残るとしています。

介護職員2040年までの20年で1.3倍にすると厚労省。人員配置基準の闇

厚将来の介護職員の必要数を推計した結果。自治体が最新の介護保険事業計画に盛り込んだ今後のサービス提供の見込み量を基に算出。2025年度の必要数は約243万人、2040年度の必要数は約280万人。

高齢者が賃貸物件を借りれない理由の闇

2020年には65歳以上の人口比率は28.5%、世界主要国の中で唯一25%を超えているという超高齢社会。2040年に35.3%、3人に1人が65歳以上。当然、賃貸物件に住む高齢者も増えています。

介護施設を脅迫する『耳ちぎったろうか?』入居者家族知人。

「耳ちぎったろうか」と言って男性を脅したとして、広島県警安佐南署は4日、広島市の自営業の男(37)を脅迫容疑で現行犯逮捕した。安佐南区の介護施設で、施設管理者(50)「耳ちぎったろうか」脅迫した疑い。

現役ケアマネ介護福祉士も使う貰い損ねそうな年金受給一覧

年金制度は申請主義です。自ら申請しなければいつまでたっても受け取ることはできません」国はもらい忘れの年金について、積極的には教えてくれないのだ。多くの人がもらい忘れがちな年金を紹介していこう。

「上級国民許せない」高齢者免許返納を迫る人が犯している勘違い

ネット上で“上級国民”と揶揄される飯塚幸三被告が2年前に池袋で起こした11人死傷事故を巡り、6月21日に行われた公判(過失運転致死傷罪)で自らの過失を認めず、無罪を主張した。

サッカーオリンピック、ユニフォームはなでしこもパラも統一

東京五輪に出場する男子の日本代表、女子の日本代表「なでしこジャパン」、パラリンピック5人制サッカーチームが史上初めて同一のユニフォームを着用して試合に臨むと発表。

ヤングケアラーに必要なのは『脱家族介護』

親やきょうだいなどを世話するヤングケアラーの存在、家族介護の在り方を問い直している。国はようやく支援に動きだしたがそれだけでは根本的な解決にはつながらない。「脱家族介護」にかじを切る段階に来ている。

マイナポータルで介護手当も簡単受給が可能に

マイナポータルは、子育てや介護など、行政手続の検索や申請などができるオンラインサービス。マイナポータル連携では、「Yahoo!検索」から、「罹災証明」や「介護手当」など行政手続きを検索

介護サービス利用料2倍、3倍を止める手立てはあるのか?

要望書の素案には、2割負担、3割負担の対象拡大やケアプランの有料化への反対表明。要望書は9月にも各政党へ提出する予定。高齢者の自己負担の引き上げは、2024年度に控える制度改正めぐる議論最大の焦点。

 お1人様は認知症リスク1.7倍、脳卒中1.8倍だと?

配偶者と一緒にいないのは認知症のリスク 分析結果によると、配偶者と一緒にいない人の認知症リスクはいる人より1.71倍高い。脳卒中についても、リスクが1.81倍高くなることが分かったという。

「総理には介護現場の叫びが届いていないのですか」

「総理には介護現場の叫びが届いていないのですか」枝野氏は、新型コロナウイルスのクラスターが発生した施設で「心が折れそうだ」。介護職が低賃金だと問題提起。「介護崩壊を招いてきた菅政権は到底信任できない」

サ高住のケアプラン点検は10月から。サ高住が潰れる?

今年10月よりサービス付き高齢者向け住宅住宅型有料老人ホームの入居者のケアプランの点検・検証が実施。介護保険サービス事業所が併設する高齢者向け住まい等でニーズを超え過剰介護保険サービスを提供している。

住宅改修は手抜きだらけ?ホント?

「介護保険制度を使って設置した手すりが壊れ、高齢の母親が大けがをしました」。原因は手抜き工事だった。「現場任せ」の現状が浮き彫りに。専門家は「工事内容を検査する仕組みが必要だ」と警鐘を鳴らす。

ケアマネジャー1012人に聞いた、希望に沿う「老人ホーム」を探す方法

老人ホーム・介護施設の紹介会社を実際に利用したことがあるケアマネジャーの8割以上が、今後も利用したいと回答していましたが、老人ホームを探すにあたって、老人ホーム・介護施設の紹介会社に紹介してもらう?

介護施設が貧困と富裕層に二極化する

主要74自治体の約8割にあたる61市区で、介護施設の入所者の枠(定員)を増やす整備計画を達成できなかったことが、読売新聞の調査でわかった。介護事業者や人材の不足、新型コロナウイルスの影響などが逆風

ローソンが全国でワクチン接種予約代行へ

予約の仕方が分からないという高齢者のスマホ予約の仕方、接種会場までの行き方などの相談サービスを始めた。相談に応じるのは介護専門スタッフや、学生ボランティア「ニーズがあれば一般のローソンでも検討したい」

地域包括ケアシステム→伴奏型支援へ移行で福祉は大混乱?

厚労省が開始するのは「認知症伴走型支援事業」。グループホームや小多機、特養など地域の既存資源に相談拠点を設ける後押し、という内容。実施主体の市町村に対し、必要となる人件費や間接経費などの半額を補助。

認知症予防に会話がいい3つの理由を解説

何気ないおしゃべりをしたとき、心が晴れて気分が良くなったと感じたことはありませんか。おしゃべりは脳によい作用があるよう。「なつかしい物や映像を見て思い出を語り合う回想法は、薬を使わない認知症治療法

福岡市は在宅サービス従事者のコロナウイルスワクチン優先接種

ワクチンの優先接種の対象を施設系の介護職のみに限定。今年3月軌道修正。自宅療養となった感染者にサービス提供する条件として、自治体ので在宅系介護職も含められる弾力化。福岡市は在宅系の介護職を無条件で優先接種の対象に含めると発表。