ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

リハ職の訪問看護、介護報酬改定でも論点に 疑問の声相次ぐ

リハ職の訪問看護、介護報酬改定でも論点に 疑問の声相次ぐ

f:id:keamanekaigo:20200628075822p:plain

今回は訪問看護ステーションからの訪問リハについて異論が唱えられている事の記事ですね。訪問看護なのにリハビリが来るの?

その仕組みを徹底解説。

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

   

リハ職の訪問看護、介護報酬改定でも論点 何が問題?

以前から問題になっている訪問看護ステーションからの訪問リハビリ。

何が問題かって?

訪問看護ステーションなのに訪問看護はもっぱら3か月に一度行かなければならないリハ介入利用者の状態把握で、普通の訪問看護の仕事はしていない。

それどころかリハビリスタッフは10人以上いるのに看護職員は2~3人だけの事業所…。

実際のところ実際にサービスをお願いするとそんなところはごろごろあります。

特に最近できた訪問看護ステーションは実際の経営や立ち上げスタッフはリハビリ職員で、看護職員はパートや派遣で賄っている所…。

結構ありますよね…。

訪問リハビリに対して、三か月に一度看護職員の訪問を義務付けたせいで、私たちケアマネも

訪問看護ステーション」

から訪問看護を呼びたいのに、

訪問看護ステーションを名乗ったリハビリステーション」

が多いせいで、無駄な電話と相談を繰り返す始末です。

新しい法律を作るなら

「リハビリスタッフ比率が70%を超えている事業所は(リハビリステーション)を明記する」みたいな法律を作ってくれればケアマネとしても仕事がやりやすいですね…。

訪問看護や、訪問リハビリの費用はある程度高額に設定されていますが、相対的な訪問介護なんかが安すぎる設定でそう思うだけで、リハや看護が家まで来てマンツーマン指導してくれる家庭教師状態なのですからそのくらいの加算は仕方ないと思います。

あまり在宅サービスをいじめてばかりいると、アナタたちお国の考えている

「地域包括ケアシステム」

を根底から揺るがす事態になるのではないでしょうか?

この記事を読んでその通りだと思う人は読者ボタン、ブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20200419184309j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 三本木さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

介護の求人情報30,000件。カイゴジョブ

  無資格、未経験の方、情報だけでも仕入れとこうかと思っている方はこちらがオススメ ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 介護業界初の福利厚生付き転職支援サービス

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇