ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

社会人が必ず通る4つの老化。生理的、心理的、社会的、文化的な老化

人間が直面する4つの老化をどう認めるか?

「老い」を「言語道断(スキャンダル)な事実」と表現したボーヴォワール。なぜわたしたちは老いを受け入れることができないのでしょうか。社会学者で、東京大学名誉教授の上野千鶴子(うえの・ちづこ)さんが解説します。

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

人間が直面する4つの老化

アメリカの心理学者エリク・H・エリクソンによると、発達には、生理的、心理的、社会的、文化的という四つの次元があります。

このなかでいちばん早く老いが始まるのはどれだと思いますか? 

(引用部分ヤフーニュース)

もちろん生理的老化は免れない

f:id:keamanekaigo:20210802151117j:plain

そう、生理的次元です。日本では昔から「歯、眼、マラ」に老いの兆候が現れると言いますし、女性なら閉経という節目があります……。わたし自身も、あるときから徹夜ができなくなったことで、肉体の老いを痛感しました。これが生理的老いです。

生理的老化は人それぞれ

心理的老化に関しては、【公式】ケアマネ介護福祉士初め、医療福祉従事者の皆様は知っての通りだと思います。脳血管性で階段を下りるように段階的に悪くなる人や、ゆっくり認知機能が落ちてゆく人。

段々歩けなくなったり、転んだのをきっかけに車いすが必要になる人…。

人それぞれ、少なくとも生理的老化はやってくるのでしょう…。

そうならないための介護予防事業…。

そうなった時の介護保険なんですけど、ネガティブなイメージが先行しているのかなかなか前向きに利用していこうという人は少ないですね。

 

社会的老化は突然に… 

f:id:keamanekaigo:20210802145525j:plain

社会的老いではっきりしているのは定年です。

「明日からあなたは会社に来なくていい」と言われるのですから、これはぶっちぎりの移行です。

アメリカの社会学者アーネスト・バージェスは、

「定年退職者の役割とは、もはや役割を持たないことである」

と言っています。

社会的な死と言ってもいいかもしれません。

ただしこれは被雇用者に限った話で、自営業者や農林漁業者にとっては、社会的な老いはゆるやかに進行します。

定年という悪魔的社会追放

社会人に飛び出して大人というカテゴリーにようやく仲間入りできたかと思ったところが65歳になると急に社会から不必要とされ、今の時代であれば一部の上場企業に勤めている素晴らしい肩書を持っている人以外はなんとか会社に再雇用してもらったり、そのまま社会からドロップアウト

結構男の人に多いですが、ホントに『会社一本』ていう感じで仕事しかしてこなかった人は退職時には感慨深いものだったり、達成感とかがあるのでしょう。

『老後はゆっくりしよう』

なんて思っていた人がすぐにあっという間に無気力人間へ変わってしまう事が結構あります。

いつも通り2000人以上の要介護者を見てきた【公式】ケアマネ介護福祉士の経験則のみでエビデンスはゼロですが…。

 

文化的老いもある日突然?

f:id:keamanekaigo:20210802152342j:plain

文化的老いとは、家族カテゴリー上の変化です。「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれるようになる。

これもはっきりしています。

孫ができたら、何歳であろうが「おじいちゃん」「おばあちゃん」になります。

江戸時代には隠居になるというのが文化的な老いでした。

 時代背景的に感じにくい人も多い?

これもなかなか今時は取り扱いが難しい話ではありますが、近所や親戚の子供に

『おにいちゃん』からいつの間にか

『おじちゃん』に変わる瞬間てありますよね?

男女差別的ではありますが、女性は

『お姉さん』から『おばちゃん』に変わるのは結構遅れてくる気がします。

ココから『おじいちゃん』『おばあちゃん』への移行は結構遠い気がしますがそれでも訪れない人はそれほどいないような気がします。

 

心理的老化は最も後から来る

f:id:keamanekaigo:20210802150514j:plain

四つの次元のなかでもっとも遅れるのが、心理的老いです。

心のほうはいつまでも年をとれない。

これはみなさん実感するところだと思います。

わたしは高齢者介護を研究テーマにしている関係から、高齢者の方々とお付き合いがありますが、さる高齢の方に

「わたしが高齢者の研究をしてわかったことがあります。それは、年齢と成熟には何の関係もないことです」

と申し上げたら、「その通りです」と笑っておられました。

 

いつまでも若いと思うなって事ですわね?

確かに運転免許なんかは如実ですね。

自分自身は問題なく運転が行えていると思っていても、周りが必死に止めるのはそういう事です。

若い方も感じやすいのは、スポーツ…。

大人になっても真剣にスポーツを行っている人なんかはだんだんと出場機会が減ったり…。

公式試合に呼ばれる回数自体が減ったり…。

自分で気づけばいいものを、自分より若い子にエンジョイスポーツのチームを紹介されたり…。

気持ちは若くいつまでも現役バリバリのつもりでいても、実際は

年寄りの冷や水

ってやつなのかもしれませんね…。

この心理的老化と、生理的老化が大きくかけ離れている人が悲惨な事件を起こすんじゃないかと周りの家族は危惧してしまうわけです。

(詳しくはコチラ⇩⇩)

keamanekaigo.hatenablog.com

 

ケアマネ介護福祉士的に老化は必ず来るもの。それをどう受け入れて、どう抗うかがポイント?

f:id:keamanekaigo:20210731235724j:plain

哲学者の吉本隆明(よしもと・たかあき)は、老いについて「生理が強いる成熟」と語ったことがあります。

実際には何ひとつ成熟していないのに、肉体的な衰えが自分に強いる変化がある(それを成熟と呼ぶべきかどうかはわかりませんが)ということです。

このように、心理的な老いは他の次元の老いに追いつかない。そのため自分に対する認識にズレが生じる。「あれっ、おれはまだ徹夜ぐらいできたはずなのに」「わたしが『おばあちゃん』と呼ばれるですって?」。そこに、自己同一性の喪失であるアイデンティティの危機が起きるのです。

いつまで経っても若くいたいに決まっている

【公式】ケアマネ介護福祉士的にも若くいたいのですが、だんだんその気持ちが本当にあっているのか考えてしまいます。

『若くいたい』→『若く痛い』→『若ぶって痛々しい』

とわかっているのではないかとひやひやしています。

間違いなく老化は進んでおり、特に生理的老化は人一倍進行している。

そんな中で心理的老化は追いついているのだろうか…。

いつまでも若ぶっている痛々しいBBAと思われていないだろうか?

年寄りの冷や水になっていないだろうか?

この機に【公式】ケアマネ介護福祉士だけでなく、皆さんも考えてみませんか?

この記事を気に入ってくださった、自分は心理的老化が始まっていないという人は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

  また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓

2021年10月から始まるサ高住潰しについて

 2021年10月開始のサ高住潰しはケアマネに圧力

f:id:keamanekaigo:20210730221844p:plain

区分支給限度基準額の利用割合が高く、かつ、訪問介護がサービスの大部分を占めるケアプランを作っている居宅介護支援を、事業所単位で抽出していく − 。

今年10月から導入される新たなケアプラン検証の制度だ。厚生労働省は28日、社会保障審議会の分科会でその具体像を説明した。

 

居宅介護支援の事業所ごとにみて、以下の基準に該当するところをケアプラン検証の対象とする。

 

○ サービス費の総額が限度額に占める割合が7割以上で、その6割以上が訪問介護

 

厚労省によると、この基準に該当する事業所は全体のおよそ3%の見込み。

該当した場合、市町村からの要請に応じてケアプランの届け出などを行う必要がある。

 

取材に応じた老健局の担当者は、「標準偏差の考え方などを用いて基準を設定した。検証件数の規模感も、この基準なら現行の生活援助のケアプラン検証(2SD)と同程度になる」と話した。

 

この新たな制度は、今年度の介護報酬改定をめぐる議論のプロセスで10月からの導入が決められた。

給付費の適正化につなげる施策の一環。厚労省

「より利用者の意向や状態像に合ったサービスを提供できないか検証するための仕組み。この基準に該当している事業所が悪い、というわけでは決して無い」

などと理解を求めている。

 

既にパブリックコメントの手続きが進められている。

意見募集は来月18日まで。パブコメ終了後、速やかに告示が公布される運びとなる。

 

この日の審議会では、日本介護支援専門員協会の濱田和則副会長が、

「事業所と市町村、双方の事務負担が可能な限り軽くなるようにして欲しい。例えば認知症など、限度額の利用割合が高まりやすいケースもある。利用者の状態像を十分に考慮した検証として欲しい」

などと釘を刺した。

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

 

限度額の7割以上サービスを組んでてその6割が訪問介護導入は何が必要になる?

f:id:keamanekaigo:20210726214036j:plain

ケアプランを検証される。つまり何されるの?

現状のルールだと、あまりに訪問介護による生活支援の回数(時間ではなく回数)が多い場合は市町村に理由を説明したり地域ケア会議やケアマネの協議会等の場所で本当にそのプランが妥当かを話し合わなければなりません。

ざっくり行ってしまえば

『不必要な生活支援で訪問介護事業所に利益をもたらそうとしていないか?』

『家族や本人の言いなりになって訪問介護利用の計画をしていないか?』

『本当にそのプランが必要なのか?』

等々をそれなりに公の場で発表しなければいけません。

つまり、規定回数以上訪問介護による生活支援が介入している場合ケアマネは必要である理由を公に発表し、ちょっとでも不審点があればつるし上げられる公開処刑という場所に立たなくてはありませんでした。

10月からは生活支援だけじゃなく…?

10月からはケアマネの事務所ごとに保険点数の7割以上のプランで訪問介護自体を6割以上使っている所がその必要性等を点検されるという事です。

つまり、

①ケアマネ事務所単位で負担限度額の7割以上を使っている

②6割以上訪問介護に点数が取られている

という二点をクリアすると行政やケアマネ会議等に召喚され、どうこういわれることになりますね。

 

どこが危ない?

f:id:keamanekaigo:20210722003952j:plain

サ高住のケアマネが危ない?

1番はサ高住併設のサ高住に入居している人達のプランを作っているケアマネさんが可能性としては高いですね。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)はただのアパート扱いなので、デイサービスや訪問介護が支援をして一人暮らしの人を支えている形です。

一週間のうち、何度かはデイサービスに行きますが、夜間やデイサービスに行かない日の支援は訪問介護職員が対応します。

中には訪問介護しかないサ高住さんもあるくらいです。

そんなサ高住で雇用されているケアマネさんはもちろん全担当がサ高住に入居している…。

サ高住に入居している人達は全員訪問介護を利用して生活をしているでしょう…。

多くのサ高住は負担限度額ギリギリまで介護保険を利用して生活を維持し、その多くを訪問介護に頼っています。

 

サ高住専属のケアマネ事務所は基本的に赤字部署なので最近は自分の所では事務所を持たず外部のケアマネさんにお願いしている所が多いですが、今回の法改正によって、サ高住専属のケアマネを配置することがほぼ困難になってきましたね。

 

なんでサ高住からケアマネが消えるの?

f:id:keamanekaigo:20210712210942j:plain

叩かれることがわかっていてケアマネをしない。最悪免許も…

サ高住専門ケアマネ=行政とケアマネ会議で叩かれまくる

というのがもうほぼほぼ決定しています。

そんなの好きでやりたいケアマネなんかやりたくないに決まってますからね…。

【公式】ケアマネ介護福祉士も怒られたりするのは嫌ですし、最悪まともなマネジメントをしていないと言われ続け、サ高住の方針通りに限度額ギリギリまで訪問介護を導入し続ければケアマネの免許失効も十分に考えられます。

普通の神経をしていればケアマネ自体もやりたくないですがサ高住側も専属ケアマネを置くことにリスクが発生してしまうのでやらないでしょう。

サ高住側もケアマネを置かない理由

サ高住側もケアマネ事務所を置かない理由があります。

理由は単純

①ケアマネを雇っても限度額いっぱいまでサービスを入れさせようとすれば免許が無くなるのが怖くてすぐ辞めるのが見え見え

②ケアマネの報酬自体は確実に赤字

訪問介護をあまり使っていない外部ケアマネにお願いすれば限度額ギリギリまでサービスを組んでもらってもらえる可能性がある

 

これだけの理由があればわざわざ単独でケアマネ事務所を開くメリットを軽くデメリットが上回っていますね…。

 

これからのサ高住はすべて外部ケアマネになる?

f:id:keamanekaigo:20210709100512j:plain

ほぼ間違いなく単独ケアマネ事務所付サ高住がなくなる

単独でケアマネ事務所を配置したサ高住は無くなるでしょう…。

実際最近の傾向だと既ケアマネが赤字になるので配置していないサ高住がほとんどの印象ですし…。

今回は事務所ごとの訪問介護抑制法案なのでそれほど問題はない気がしますが、コレが利用者単位であれば地獄を見るでしょう…。

サ高住を潰すために在宅で生活する本当に必要な利用者さんへ不利益が生じることになるでしょう。

 

訪問介護+ケアマネ事務所はもっと危険

f:id:keamanekaigo:20210615221032j:plain

訪問介護+ケアマネ事務所の小さいグループは本気で危ない

【公式】ケアマネ介護福祉士的には地域の在宅サービスを担っているケアマネ事務所が営業みたいな感じで訪問介護事業所にくっついている小さな事業所の方が危険ですね…。

こっちに関しては外部のケアマネにポンと利用者を引き継ぐことも難しいですし、訪問介護の事業所を変えると経営が成り行かなくなるし…。

 

これ以上訪問介護に抑制をかけると在宅生活が破綻しそうな勢いですね…。

 

【公式】ケアマネ介護福祉士的にはサ高住潰しをするための厚労省国交省の争いに巻き込まないでほしい

f:id:keamanekaigo:20210613140843j:plain

そもそも訪問介護事業所の抑制は地域包括ケアシステムの根本を揺るがしかねない改正ではありますが、厚労省的にはサ高住を潰したくてしょうがないのでしょうね…。

国交省管轄でサ高住を作ったのが本当に気に食わない…。

そんな争いに巻き込まれる利用者さんが可哀そうすぎます…。

今回の改正はまだ規制が緩く、影響がある事業所は全体の3%ほどとの事で直接利用者さんに影響を及ぼす場面はそれほど無いと思いますが、これ以上改革を重ねていって規制が強まれば絶対に影響が出ます。

ひどければ訪問介護事業所自体が事業継続できなくなってしまいます。

これ以上の改正が無いよう訪問介護事業所だけでなく介護業界全体で警鐘を鳴らしていく必要があるのではないでしょうか…。

 

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓

60代ミニマリストが語る終活に向けて5つの断捨離メリット

ミニマリストは終活に有利。5つの断捨離メリット

f:id:keamanekaigo:20210731153646p:plain

子どもが巣立つなど、第二の人生がスタートすることの多い50代。

次のステージに上がると、老後に向け暮らしを見直したいと考える人も少なくないでしょう。

一方で、全部必要で手放すものがない、自分で把握できていればものが多くてもいいのでは、と思うかもしれません。

そこで、50代から本格的にミニマムな生活を始めたという、現在60代・カナダ在住のミニマリストでブロガーの筆子さんに

「不用品を手放し、本当に必要なものだけをもつ生活」

が50代以降にもたらすメリットについて教えてもらいました。

(引用ヤフーニュース)

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

50代からものを減らした方がいい5つの理由

f:id:keamanekaigo:20210731154011j:plain

片づけやもたない暮らしがブームになってから久しいですが、不用品を捨てて、ちゃんと使うものや、好きなものだけをもつ生活は、50歳を過ぎた人に大きなメリットがあります。

代表的な恩恵を5つ紹介しますね。

 

●その1:必要なものをさっと取り出せる

f:id:keamanekaigo:20210714221907j:plain

片づけの最大のメリットは、必要としているものを、必要なタイミングですぐに取り出せることです。つまり、探しものをしなくてすむのです。

不用品がたくさんあると、所持品を把握しきれないので、今、手に取りたいものが自宅にあるのかどうかすら、わからないときがあります。もっていると自覚していても、どこにあるのか、すぐに思い出せないことも多いでしょう。

ものが多すぎると、「確かにあるはずだけど、どこにしまったっけ」と、あれこれ引っぱり出して、探しまわるはめに。

私の夫は、ものを捨てないタイプで、こまごまとした雑貨をたくさんもっています。しかし、必要なときに、さっと取り出すことができません。毎回、あちこちひっかき回しています。

探しものをするのは非常にストレスだし、なにより時間がもったいない。不用品を捨てておけば、残り少ない人生の時間を探しものに費やさずにすみます。

 探し物が見つからない高齢者が多い

確かにコレはありますね。

ホント介護保険証とか負担限度額認定証がなくなったりするのはケアマネあるあるです…。

『昨日送られてきたばっかりなハズじゃん…』と思ってしまいます…。

そんな【公式】ケアマネ介護福祉士はゴミ屋敷と猫屋敷専門ケアマネなので、本当にみんなミニマリストになってくれればいいのにと思ってしまいます。

 

●その2:思い出を楽しむことができる

f:id:keamanekaigo:20210613140219j:plain

生きている時間が長ければ長い人ほど、写真や手紙、日記帳に動画など、思い出の品をたくさんもっているでしょう。

こうした思い出の品を取り出してゆっくり眺め、ノスタルジーにひたるのは、とても楽しいことです。

しかし、集めに集めた思い出の品が、家のあちこちに散乱し、段ボール箱の中でぐしゃぐしゃになっていたら、思い出を楽しむどころではありません。

思い出を楽しむはずの時間が、しんどい片づけタイムに変わってしまいます。好きな写真や大事な手紙だけを手元におき、すぐに取り出せるようにしておけば、昔を懐かしむ時間が、楽しいものになります。

 終活にもつながる

ご逝去されてからの事ですが、困るのは遺影の写真…。

遺影の写真がアルバムにまとまっていて、すぐに選べるっていうのは凄く助かる事ですね。

ほんと普通のご家庭は写真を探すのに偉い苦労します。

遺影を作った後に

『こっちの写真がよかったー』

なんて事はあるあるです。

【公式】ケアマネ介護福祉士としても、落ち着いてから最後の自宅訪問へ行ったときに

『誰?いつの?』

って思う時の遺影はコメントしづらい部分が大きいですから…。

●その3:地震対策になる

f:id:keamanekaigo:20210410021801j:plain

いらないものを捨てて、スッキリした環境にすることは、安全な生活に直結しています。

とくに、日本は地震が多いから、家具が転倒しないよう心がけるのは大事なことです。転倒防止で、もっとも効果的なのは、最初から家具を置かないこと。

ものがたくさんあると、たんすや棚、本箱など、ものを収納する家具が増えてしまいます。

いらないものをとことん撤去すれば、家具や収納小ものをそんなに置かなくてもすむので、転倒リスクも下がります。

万が一、大きな地震にあって、家具が倒れたり、食器が割れたりしても、ものが少ない方が、片づけるのが簡単です。

荷物の雪崩は日常的に起こりうる 

【公式】ケアマネ介護福祉士はよく雪崩の現場に遭遇します。

『雪崩は会議室で起きてるんじゃない。ゴミ屋敷で起きるんだ。』

っていう感じです。

織田裕二さん並みに心を込めて言いたいです。

お茶を出すだけでがっつり色んな所が雪崩起こすなんて事が日常茶飯事です。

薬の袋だったり、新聞と広告の山だったり…。

そんなものだったらかわいいんですが陶器の茶碗類が落下したのにもかかわらず、ゴミ袋に衝撃吸収されて全然壊れないなんて事が多いですね…。

更にこの記事で説明していますが、基本的にゴミ屋敷の片づけをする義務は残るので、出来るだけ物は減らした方がいいですね。

(詳しくはコチラ⇩⇩)

keamanekaigo.hatenablog.com

 

●その4:動きやすい空間になる

f:id:keamanekaigo:20210731230227j:plain

部屋の中に家具やものがいっぱいあると、動きにくく、場合によっては、家具にぶつかったり、コードに引っかかったりして転ぶことがあります。

65歳以上の人の怪我の原因でいちばん多いのが転倒です。

老化により筋力が衰え、平衡感覚が鈍くなり、転びやすくなるのです。

足元がよく見えないという理由もあるでしょう。

しかし、転んでしまう根本的な理由は、そういう環境で暮らしていることにもあります。

いくら老化したからといって、人はなんでもないところでいきなり転んだりはしません。

室内に家具が多すぎて動きにくいとか、床に落ちているものにつまずくといった理由で転ぶのです。

よけいなもののない、スッキリ空間は、動きやすく、快適な生活の土台です。

 リハビリもしやすいし、歩きやすい

普通の家と違って障害物がないのはリハビリもやりやすいしすごくいいかもしれないですね…。

転倒時に余計な外傷が増えることも無いでしょうし…。

高齢になってくれば歩行に必要な能力が低下しないよう、特に今の時期は新型コロナウイルスによって自宅でのリハビリが必要なのに場所がなかったりすると大変ですからね…。

●その5:ダウンサイジングに備えて

f:id:keamanekaigo:20210731232453j:plain

一生、自宅で過ごしたいと思っていても、寿命が伸びている今、高齢になって老人ホームや介護施設に転居する可能性があります。

子どもたちが巣立ったあと、大きな家を管理していくのは、あまり意味がないし、不経済なので、もっと小さな住まいに引っ越すこともあるでしょう。

古くなった家をリフォームすることもあるかもしれません。

そんなとき、所持品がたくさんあると、選別して処分する作業が、本当に大変です。

50代に入った頃から、ある程度、老後を見据えて、所持品の整理を始めておけば、いざというときにあわてずにすみます。

ものを減らしておいた方が、自分が死んだあと、整理することになる家族の負担も減ります。

若い頃、好きでよく使っていたものも、年をとった今のライフスタイルには合わない、使いにくい、ということもあります。

ライフスタイルの変化にうまく対応していくためにも、所持品の見直しは早めに取りかかりましょう。

 ライフスタイルの変化は大きい高齢者

 確かにライフスタイルの変化によって大きく環境を変化させなければならないときに荷物が大量だと自分だけでは到底できない…。

ゆえにライフスタイルが変化しても環境を変化させられない人が多いですね。

環境の変化に合わせて自分で片づけられる人は【公式】ケアマネ介護福祉士のお世話にならないのでしょうけれど…。

家族も高齢になっているので同居していたとしても片づけられないのが多くの一般家庭です。

 

ケアマネ介護福祉士的に高齢になる前からある程度意識した方がいいかもしれない

f:id:keamanekaigo:20210731235724j:plain

 ホント【公式】ケアマネ介護福祉士ですら家の中が片づけられていないのにもかかわらず、高齢になってから断捨離とかは凄い大変。

既に高齢になったウチにいる家族の荷物はトラック何台分なのかと思ってしまうくらいですね…。

ホント高齢になる前にミニマリストとまではいかずも荷物は片付けるべきかなと思ってしまう記事なのでした。

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

  また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓