ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

ケアマネ、訪看、ヘルパーにもLIFE加算が創設されるってよ?

ケアマネ、訪看、ヘルパーにもLIFE加算が創設される

f:id:keamanekaigo:20210914211042p:plain

今年度の介護報酬改定の効果を検証しつつ、次の2024年度改定をめぐる議論で使うデータも集める − 。

こうした目的で実施する今年度の調査の内容を、厚生労働省は10日の専門家会議で固めた。
 
新たなデータベース「LIFE(科学的介護情報システム)」の調査が柱の1つ。
関連加算を算定している事業所の現状、課題などを把握し、より有効に機能させるために講じる施策の立案につなげる。
また、LIFEへの登録がない事業所にもアンケートで考え方を聞く。
  
厚労省はあわせて、関連加算をまだ設けていない訪問介護訪問看護、居宅介護支援などにも焦点を当てる。
データ提出やフィードバックを試行するモデル事業を行い、具体的なユースケースなどを検討。
この領域でもLIFEを活用できないか、関連加算を導入できないか可能性を探っていく。
 
モデル事業のスケールは、サービスごとに10事業所ほどを想定。
例えば居宅介護支援では、LIFEに対応している通所介護のフィードバックをケアプランの見直しに活かす取り組みなどをテストし、課題の洗い出しを図る。
 
厚労省はこうした内容を今月末の審議会で正式に決める予定。
来月にも調査を始め、今年度末に結果を報告する計画だ。
 
「かなりチャレンジングな調査になる」。
専門家会議の松田晋哉委員長(産業医科大学教授)はそう指摘。
訪問介護や居宅介護支援などのモデル事業について、「LIFE活用の経験者はまだ少ない。伴走型で進めていく方法が合理的」と説明した。
 
このほか、「本当の意味で利用者のためになるのか、という視点が重要」
「ICTをうまく使いこなせない事業所の実態把握、対応策も不可欠」
などの声もあがった。(引用介護joint)

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

LIFE加算がデイ、特養以外にも拡充

f:id:keamanekaigo:20210913210636j:plain

そもそもLIFE加算とは?

ざっくりお伝えしちゃうと、国に利用者さんの身体状況やその他個人情報を定期的にお送りすることによって介護サービス事業所にお金が入るシステムになっております。
事業所にお金が入るため、対象になっている事業所は必死になって、情報を入力して国へ送っているというのが現状です。
(詳しくはコチラ⇩⇩)

keamanekaigo.hatenablog.com

今は施設とデイだけ?なのにこれからさらに増える?

そうなんです。
今は通所系サービスのデイ系と小多機を含めた施設系のみとなっております。
おかげで、施設の職員さんやデイサービス、通所リハの相談員あたりはLIFE加算をとるのに必要な情報をあつめ、慣れないパソコン作業に四苦八苦しております。

特に通所系は加算をとるために必要な情報を持っておらず、ケアマネに頭を下げながらなんとか情報をもらって入力している状況です。

 

よく聞く愚痴として、LIFE加算に必要な情報をケアマネも持っていなくて、愚痴愚痴文句を言われた事例があるようですが、【公式】ケアマネ介護福祉士がこの場を借りて、そのケアマネジャーの代わりに謝罪しますのでグッとこらえてください…。

ケアマネ、ヘルパーも入力対象に?

f:id:keamanekaigo:20210913210416j:plain

40単位じゃ動かない?訪問介護は誰が入力するの?

ケアマネはまだしも、ヘルパーでこの加算をとるとなれば誰があのめんどくさい加算を入力するか…。
間違いなくサービス提供責任者さんでしょうね…。
特にヘルパーさんは臨時職員、もしくはパート職員だったりの雇用契約が多く、身体介護一件いくらとかで動いています。
何と言っても高齢化ダントツナンバー1の業種…。
パソコンを使ったことのない年代が働いています。
パートのヘルパーさんが合間を縫って事務所で入力作業…。
考えられませんね?
間違いなくサービス提供責任者さんとか、管理者さんとかあたりが入力することになるでしょう…。

ケアマネは空いた時間に入力できるかな?

【公式】ケアマネ介護福祉士的には大丈夫だろうと思いますが、コチラも平均年齢47歳の集団ですので、基本報酬が減ったりとか、基本報酬に組み込まれない限りやらないだろうなと思ってしまいますね…。

 もともとケアマネ事務所は基本的に赤字経営
小さな加算を拾いに行くくらいなら、自事業所にサービスを振れという話になりますからね…。

本丸は訪問看護、訪問リハ?

f:id:keamanekaigo:20210914211811j:plain

訪問リハビリは存在意義を試される可能性も…。

正直こっちが本丸かなと思ってしまいますね…。
LIFE加算に関しては半年に一度ほどのペースで利用者さんの情報を国へ送ります。
つまり、訪問リハビリが介入した利用者さんのデータにより状態が改善、維持したケースが他の介入しなかったケースとどう違うか?
平たく言ってしまえば、

訪問リハビリの効果があったか?

というのが国の物差しではっきりと決まってしまいます。
それでなくても訪問看護ステーションからの訪問リハビリは窮地に追い込まれている状況…。
(在宅関係者は絶対チェックするべき記事⇩⇩)

keamanekaigo.hatenablog.com

keamanekaigo.hatenablog.com

keamanekaigo.hatenablog.com

 

もし訪問看護(訪問看護による訪問リハビリテーション)がLIFE加算を取り出し、国考える物差しで測った結果、あまりにも費用対効果が低かった場合…。

次の法改正ではもうまともな報酬、加算なんかつかないですよね…。
そしたらリハ職がパートの看護師さんを雇って起業している小規模のなんちゃって訪問看護ステーションは簡単に消し飛びます…。
今回何とかちょっとした減収入だけで済んだ形ですが…。
リハ職にLIFE加算つける→データ集まる→リハ成果上がってないと国が判断してしまう→報酬劇下がり→リハ職独立組が虫の息…。
なんて言いうのが目に見えてしまいますね…。

それでなくても最近リハ職さんが起業するってなると、手軽で初期投資が他のサービスに比べてほとんどかからない訪問看護ではなくすっごい金額を公庫から借りてデイサービスに参入する人たちも目立ち始めましたね…。
【公式】ケアマネ介護福祉士的にはそっちの方がかなりやばく見えますけどね…。

公式ケアマネ介護福祉士的にはデジタルトランスフォーメーションのいい機会にしてくれればいいよ。

f:id:keamanekaigo:20210909213434j:plain

【公式】ケアマネ介護福祉士的にはLIFE加算を創設してケアマネやヘルパーさん含めて福祉業界全体が電子機器やネット環境等のICTを活用しなければならない。
ICTを活用してビックデータを集めて、介護業界自体が効率化しないとこの先どんどん人も金も減っていく中では成立しないっていう事をしっかりと自覚するタイミングになればいいなと思ってしまいますね…。

これでケアマネの大幅世代交代とか起きないかなあ…。

絶対ICTに対応できないケアマネさんにあふれかえると思うんだよなあ…。

一時的にではあると思いますがケアマネ減ると思うんですよねえ…。

平均年齢47歳と言えど、施設ケアマネはまだ多少若い印象…。

居宅のケアマネの方が平均年齢⇧な気がするので、居宅ケアマネはホントご高齢なケアマネさん多いのでグッと減るような気がするんですけどね…。

  この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

 

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓