ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

個別機能訓練取得支援ソフト『リハプラン』七億資金調達

個別機能訓練支援ソフト『リハプラン』が大型資金調達で更に?

f:id:keamanekaigo:20210701112407p:plain

 

通所介護クラウド機能訓練ソフト「リハプラン」を提供するRehab for JAPANが先月、第3者割当増資により総額7億円を調達した。

今後、事業の更なる展開に向けて組織の拡充、採用の強化、プロダクトの改良などに一段と力を入れる方針だ。

 

今後の展望は? 目指している地平は? 「僕は元々おじいちゃん、おばあちゃん子。高齢者が大好き」と話すCEOの大久保亮氏に詳しく聞いてきた。

通所介護は科学的介護の重要拠点

  −− リハプランってどんなソフトですか?

 

リハプランは個別機能訓練加算の算定や「LIFE」へのデータ提出などに必要となる書類作成を簡単にできる機能訓練ソフトです。

 

生活機能チェックシートなどの利用者情報や身体状況に応じて、ご利用者の目標や運動プログラムの自動提案を行っています。

計画書作りについても、タブレットなどで選択肢を順番にタップしていけばすぐ終わるように設計しました。

 

この自動提案機能や自動転記機能などにより、書類作成の時間をぐっと減らし、介護の質を高めながら、高齢者と向き合う時間を増やせたらと思っています。

 

通所介護の現場はやはり人手不足で、専門職の人数も決して多いとは言えません。いくら自立支援・重度化防止が大切だと言っても、日々の仕事が忙しすぎてそう簡単には実践できないでしょう。

いかに効率的かつ効果的に取り組むかが重要で、リハプランはそこにフォーカスしています。

 

  −− プロダクトの開発・運用で心がけていることはありますか?

 

使いやすさ、導入のしやすさにはずっとこだわってきました。

誰もが簡単に扱えて、心理的な負担も生じないようにしなければいけません。

本当に業務を効率化できた、という実体験を多く生み出せる操作感を追求しています。

介護職の働き方にも良い影響を与えられるようなツールとすべく、これまで改良を重ねてきました。

 

−− 経営では当面どこに力を入れますか?

 

まずは通所介護の事業所に多くリハプランを導入して頂けるよう力を尽くします。

通所介護は要介護1、2の利用者が多いなど、自立支援・重度化防止や科学的介護といった考え方にもマッチしやすいのではないでしょうか。

ここが高齢者を元気にする重要拠点だと捉えています。

 

通所介護でリハビリをより効率的かつ効果的に行えるようにする − 。

まずはこれを徹底してやり切り、我々の理念の具体化につなげたいと考えています。そうした取り組みの結果として、ゆくゆくはIPO(新規株式公開)にこぎ着けられればいいですね。

   

■ 向こう10年、20年を支える基盤に

 

  −− どんな理念の具体化を目指しますか?

 

介護に関わるすべての人に、夢と感動を。

これを理念に掲げていますが、リハビリを通じて高齢者の希望を叶える、QOLを高めることで実現していきたいと考えています。

高齢であっても、病を抱えていても、けがを負っていても、自分のしたいこと、目標を実現できる人生を生きられる − 。

そんな社会、環境を作りたいと思っています。

 

私も元々は通所介護の現場で働いていました。

元気になることを諦めていない高齢者は本当にたくさんいます。

そうした思いにできるだけ多く応えられる環境の整備に貢献したいです。

 

  −− そのためにツールを提供していくということですね?

 

我々が提供しているのはツールではありますが、ただのツールや文房具を作りたいわけではなく、"意味のあるツール"を目指しています。

 

例えば、私たちの運動プログラムは2,200種類ほどあり、普通に考えると、そこまでの数は必要ありません。

しかし、ご利用者の生活状況や興味関心、お体の状態も多種多様で、生きる意味や目的に極力寄り添う必要があります。

 

このような思いに応えつつ、現場の業務効率化をしなければなりません。

今回の資金調達を機に、自立支援・重度化防止を担う介護現場の向こう10年、20年を支える基盤を創造していければと考えています。

 

  −− 国の「科学的介護」とも親和性が高そうですね。

 

はい。

我々が目指していることでもう1つ重要なことは、"エビデンスに基づく科学的介護の実現"です。

これは自立支援・重度化防止を通じて高齢者の思いを叶えるだけでなく、事業所や介護職の価値を高めることにもつながると確信しています。

 

介護現場では既に重要な価値が提供されているわけですが、それが全てしっかりと客観的に証明されているとは言えません。

介護サービスに十分なエビデンスを宿していくことが、今後は非常に重要となるのではないでしょうか。

介護ニーズが更に拡大して給付費が増えていく只中で、それが社会から強く求められていることでもあります。

 

高齢者がこういう状況にあったので、こんなリハビリを行ってこんな効果が得られた − 。

介護職がそうした説明を対外的にしっかり行えるようになれば、その価値は一段と高まるに違いありません。

科学的介護は業界にとって大きなチャレンジですが、うまく実現できれば社会的インパクトは極めて大きいでしょう。我々はICTソリューションの提供を通じて、そうした業界の進化を牽引する役割を担いたいと考えています。

(引用介護joint)

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

リハプランとはそもそも?

f:id:keamanekaigo:20210626230757j:plain

個別機能訓練加算を取得するために便利な機能が満載のサービス

今回残念な事に案件じゃないのでサラッとしか説明しません。

リハプランさん案件お待ちしています。

来ないけど…。

そもそもリハプランというのはデイサービスや特別養護老人ホームで算定する個別機能訓練加算を取得するために必要なものがモリモリに入っているサービスになります。

個別機能訓練加算は第一条件に個別機能訓練指導員という療法士や看護師の配置が必要。

更に、機能訓練指導員が個別機能訓練計画書を作成し、同意取得。

リハビリを行って、成果を記録して再度計画を作ってまた同意取得。

そんな感じのめんどくさい加算になります。

コレをフォローしてくれるのがリハプランさんになりますね。

特にサービスの目玉としてはリハビリのプラン作成がめんどくさいんですが、リハプランさんは2200種類のテンプレートがあるのであっという間ですっていう話みたいですね。

 

そんなリハプランが大型資金調達?どうなるの?

f:id:keamanekaigo:20210701113946j:plain

今回、リハプランさんが資金調達しただけで介護jointに掲載されるワケ

まあ七億円っていうとんでもない金額?

なので大ニュースになってもおかしくはないのかなと個人的には思いますが、第三者機関が貸し付けするくらい期待されるサービスなんだろうなという所もあります。

正直よくわかっていないケアマネ介護福祉士なので、ホントリハプランさんあたりが出てきて説明してほしいくらいですが…。

加算特化のサービスがこれから伸びる?LIFE加算も?

今や個別機能訓練加算だけでなく科学的介護推進体制加算や栄養マネジメント強化加算等の計画書まみれな介護保険制度…。

そんなのばっかりではありますが、それをクリアしないと経営的に辛くなってきちゃいます。

でも、職員への負担は大きい。

特に個別機能訓練加算や栄養マネジメント加算は担当する職員が決まっているので負担はさらに大きくなります。

(詳しくはコチラ⇩⇩)

keamanekaigo.hatenablog.com

keamanekaigo.hatenablog.com

keamanekaigo.hatenablog.com

 

そんな中で負担をかけすぎて大事な加算を取るために必要な人員が退職しては元も子もない事です。

職員の負担を減らしつつ加算を取るためにリハプランのようなサービスは必要になってきますね。

特に2200の個別機能訓練テンプレートプランが多いなんてとてもいい事ですね。

職員がボタン一つで機能訓練計画書が作成できるとかかなり楽だと思います。

今後そんなサービスが増えて、他の加算も職員の負担が少なく加算が取れるのであれば職員にとっても大きなプラスになるのではないでしょうか?

 

今後リハプランみたいなサービスが増える?

f:id:keamanekaigo:20210613140219j:plain

昔からある加算には参入しやすいかも?

最近できた加算に関しては廃止されたりする可能性もある為、ちょっと怖いのでまだ算入される人は少ないかもしれません。

でも、昔からある加算に関しては他の企業さんも参入するチャンスはあるのかもしれませんね…。

他の加算がなにあるかなあ…。そんな風に考えると体制加算とかをリハマネジメント加算や認知症専門ケア加算とかがもう少し取れるようになればいいなと思います。

 

ケアマネ介護福祉士的には第二のリハプランみたいな企業が続々出てくれば楽になるんじゃないのかな?

f:id:keamanekaigo:20210613140843j:plain

介護職員的にはかなり楽になる制度ですね。

まあちょっとリハプランがいくらぐらいの費用なのかはわからないですが職員一人にかかる負担の大きい加算はホントに勘弁してほしいですわ…。

でも、加算的においしいのはやっぱり資格者がいるだけで利用者さん全員から取れる加算。

そんな加算を取りやすくなるリハプランさんみたいな企業さんがいっぱい増えればいいのになって思ってしまいます。

ケアマネ介護福祉士個人的に気になるのは資金提供をしてくれた企業さんがどんなエンゼル投資家なのかなっていう気もしますが…。

もう是非ともケアマネ介護福祉士にも投資してもらいたいぐらいです。

ケアマネ介護福祉士にサポートしたい人っていう稀有な人は是非こちらから記事を読みがてら投げ銭頂けると幸いです。

note.com

 

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓