ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

2021年4月から看護師も派遣日雇い可能になった理由とは?

需要無くても看護師も派遣日雇い可能になった理由とは?

f:id:keamanekaigo:20210620123037p:plain

 今年4月から、看護師の日雇い派遣介護施設など向けにできるようになった。
 
 規制緩和の一環で、「NPO法人日本派遣看護師協会」が国に提案していた。
 
 通常国会の審議では、この施策の実現をめぐり、ある事実が浮かび上がった。
 
 同協会の実態は看護師派遣会社で、会社の代表が一時期、規制改革会議の委員も務めていた、という。

 

 厚生労働省が昨年、介護や障害者施設を対象に実施した調査では、看護師の日雇い派遣のニーズはない、という結果が出ていた。

派遣事業主への聞き取りでも同様の報告がされていた。

 ニーズもないのに、利害当事者が、自らの利益につながる政策を提案していたことになる。

 一連の経緯は共産党倉林明子議員(参院京都選挙区)らの質問で明らかになった。

 看護師出身の倉林氏は「看護の仕事は連続性が重要。細(こま)切れの派遣はケアの質の低下に直結する」と危ぶむ。

 理解に苦しむのは、特定の人たちによる我田引水の提案を、政府が認めていることだ。

 倉林氏の質問に規制改革推進室の担当者は「利害関係者だからこそ分かる規制改革の必要性がある」と答弁した。

 しかし、すべての利害関係者の提案が採用されるわけではない。

米国では「強欲」と呼ばれる、資金力のある業界の要望が取り入れられる実態があり、批判を招いている。

次の国会で議論を深めるべき課題だと思う。

(引用ヤフーニュース)

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

全員が需要無いと言っている日雇い看護師

f:id:keamanekaigo:20210620124212j:plain

看護師の言い分

まあ当たり前なんですが、看護師さんは介護職以上にミスが命に直結します。

必要機材がどこにあるかわからない。

薬剤の管理場所もわからない中で仕事をするのはものすごいストレスですし、ミスを起こして訴訟のリスクも高まります。

最近はなんとなくまともになりつつありますが、一昔前は似たような名前の全く別作用があるお薬だったり、ジェネリック医薬品(いわゆるアラサー看護師以降はゾロ)で薬の名前が違うだけのものがゾロゾロ出ているため病院ごとに商品名が違います。

また、医療用語の略し方も病院それぞれでびみょうに異なったり、病棟ごとに違ったりします。

とてもではないですが、ひたすらバイタルサインチェックだけしろとかひたすら採決だけしろとかの単純作業じゃない限りなかなか日雇いではできませんし、ケアマネ介護福祉士的にはそれすらも思いっきりキツイなと思います。

医療機関側、福祉施設側もご勘弁

医療機関福祉施設側としても、日雇いで着た看護職員にやってもらえる業務はかなり限定的。

それならば看護助手や介護士をパートで長期雇用した方がメリットもモリモリです。

高い時給を払ってやれることの少ない看護職員をスポットで雇い入れるような医療機関はありません。

福祉施設でも最低人員は常勤と定められているのでスポット的に雇い入れる事はありませんね。

仮に雇い入れるにしてもインフルエンザ一斉予防接種や、施設内で健康診断を行う程度…。

年に何回必要になるのか?

その時だけスポットで雇い入れる手間を考えれば、慣れた看護職員に休日出勤してもらう方が都合良いですわね…。

じゃあなんで日雇い看護師派遣が現実化したのか?

f:id:keamanekaigo:20210613133625j:plain

ずぶずぶの利害関係が一致

NPO法人日本派遣看護師協会」が国に提案していた。
 
 通常国会の審議では、この施策の実現をめぐり、ある事実が浮かび上がった。
 
 同協会の実態は看護師派遣会社で、会社の代表が一時期、規制改革会議の委員も務めていた、という。

つまり看護師派遣協会さんのお偉いさんが規制改革を決める委員会に交じっていた。

自分たちの正当性を貫くために委員会で頑張ったという事ですね。

選挙管理委員会に政党比例区候補者が混じっていて自分の政党に有利になるであろう改革を突き勧めたみたいなもんです。

笑うしかない…。

 

奇しくも国は集団接種会場という都合のいい場所を作った

なんかタイミングバッチリでこの新型コロナウイルスすらも仕組まれたものなのかと思うくらい需要がある場所を手に入れて

『こんな有事の際に迅速な対応をするために日雇いを許可したのだ』

という大義名分を手に入れました。

まあ結果として日雇い看護師で派遣という形ではなく、もともとフリーランスで講演とかをしていた看護師や、他の病院で勤務していた人が休日を使ってバイトに来ているわけで、日雇い派遣の人達は来ていないんですがね…。

働く方も日雇い派遣する方の派遣会社も怖くてマッチングがない。

需要もないし供給もない状態が続いています。

 

ケアマネ介護福祉士的には日雇いやら複業やらより待遇を強化してくださらないのでしょうか…

f:id:keamanekaigo:20210613140843j:plain

国が動かないのならと先手を打ち始めた自治体も…

 深刻な介護職員不足に耐え切れず、ついに20年間20万円という補助を出し続けることとした自治体まで出てきましたね。

(詳しくはコチラ⇩⇩)

 

keamanekaigo.hatenablog.com

 

特定の業種に補助金を出すというくらい追い詰められている医療、介護業界の人手不足…。

新型コロナウイルス感染症により、看護師のなり手不足は急激に加速すると言われています。

まあ確かに感染症だけで言えば危険の最前線ですからね…。

別に新型コロナウイルスによってはじめて起こった事ではなく昔から当たり前にあったリスクで当然覚悟すべきものなんですが…。

当たり前すぎて見えていなかった危険が表面化して広く認知されてしまった事が原因でしょうか?

その打開策として国が出してきた目玉政策が看護師日雇い派遣の許可…。

しかも需要無し、供給なし…。

しかも雇い入れられないほど過疎化している農村限界集落は派遣会社が近くに無さ過ぎて日雇いでもいいから来てほしいくらいの場所でも人手不足…。

マッチングしない条件が多すぎてどうしようもないですね。

 

オリンピックですらリモート診療をするくらいなので、限界集落はこれからリモート診療へ切り替えていく方針なのでしょうか…。

それもそれで寂しいですね。

対面診療はいずれ富裕層しか受けられないサービスへ切り替わるとしても、介護業界はリモート介護に切り替わっていけるのか不安しかないケアマネ介護福祉士なのでした。

 

この記事を気に入ってくださった方は青いBマークのはてなブックマークを登録していただけるとより多くの人の目に止まってケアマネ介護福祉士は飛び跳ねて喜びます。

 

また、このブログ介護、医療、障害分野に大きな影響を与えるニュースを毎日更新しております。 このブログを気にってくださったり、また見てもいいかなと思うって頂ける方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 【公式】ケアマネ介護福祉士さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓