ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

医療と同じく介護現場は予想以上にひっ迫している。ケアマネ協会会長

医療と同じく介護現場は予想以上にひっ迫している。

f:id:keamanekaigo:20201229211619j:plain

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受けて、日本介護支援専門員協会の柴口里則会長は28日、全国のケアマネジャーへのメッセージを公式サイトに掲載した。

「医療・介護現場の逼迫した状況は、報道されている以上に深刻なもの。危機的な状況」と指摘。「高齢者の生活に大きな影響を与える医療崩壊・介護崩壊は絶対に起こしてはならない」とし、以下のように改めて呼びかけた。 
 
ケアマネ協会はこれまでに、居宅介護支援の運営基準などの“コロナ特例”を分かりやすく図説するPDFを作成。感染症対策についての質問・相談にチャットボットで答えるサービスも作り、既に運用を開始している。
 
柴口会長はメッセージでこうしたツールも紹介。日々の仕事の中で役立ててはどうかと提案した。


   

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

 

ケアマネ協会のトップがなんて言ったの?

f:id:keamanekaigo:20201229211948j:plain

介護支援専門員協会の会長さんが医療体制のひっ迫とともに、介護現場もひっ迫しているから、みんなで力を合わせて乗り切ろう。
そのために私たち介護支援専門員協会はいろんな努力をしているからぜひ活用してね?
ということみたいです。
 
そんなケアマネ協会の会長さんがおっしゃった全文はコチラ↓↓

全国の介護支援専門員の皆様へ
                    一般社団法人
                    日本介護支援専門員協会
                     会 長  柴 口 里 則
 
介護支援専門員の皆様には年末の業務に加え、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、例年に増して大きな負担と不安を抱えながらの業務をされている事と思います。 新型コロナウイルス感染症の第3波、これまで以上の拡大を見せており、高齢者を支援する我々介護支援専門員にとっても憂慮すべきものです。

また年末年始を迎え、人の移動によるリスクも高くなるのではという危機感も高まっています。 介護支援専門員が連携する医療・介護現場の逼迫した状況は、報道されている以上に深刻なものであり、医療崩壊・介護崩壊は皆様が支援する高齢者の生活に大きな影響を与えるものです。日本介護支援専門員協会としては医療崩壊・介護崩壊は絶対に起してはならないと考えています。 この危機的な状況を踏まえ、ぜひ皆様にもう一度「うつらない・うつさない」という原点に返っていただきたいと思います。

これまで日本介護支援専門員協会が3回にわたり発信してきたポイントの図を添付いたしますので再度ご確認いただき、地域の医療介護の専門職の皆様と連携して感染拡大の防止に努めていただきますようお願いいたします。

 当協会では、現場の実態及び必要な支援について厚生労働省やケアマネジメント推進議員連盟の議員の先生方と情報交換、連携等の活動をしているところです。さらなる現状把握に努めますので、会員の皆様におかれましては支部を通じてでも構いませんので、情報提供等いただければ幸いです。 

なお、当協会は、介護保険サービス等に従事する皆様を対象に、新型コロナウイルス感染症対策の相談・質問に、チャットボットで自動応答するサービスを運用中です(厚生労働省令和2年度介護保険事業費補助金「介護分野における効果的な感染防止等の取組支援事業」)。

自動応答に登録されていない内容はメールで個別にご相談いただけますので、是非ご活用ください。

 最後にもう一度、繰り返しになりますが、利用者やその家族、共に支援に従事している医療・介護職の仲間のためにも、皆様方のご理解とご協力をお願いします。

https://www.jcma.or.jp/wp-content/uploads/201228COVID-19_1-3.pdf

 

   

ケアマネや介護職員にとって新型コロナウイルスを乗り切るのに役立つケアマネ協会のアイテムを説明。

f:id:keamanekaigo:20201229212020j:plain

①ケアマネ協会が作った感染症対策に困ったときの質疑応答bot

実際の画面はコチラ↓↓

 

一般社団法人 日本介護支援専門員協会 » 新型コロナウイルス感染症に関する情報

 

これはケアマネ協会のホームページを開き、コロナウイルス対策をクリックすると、様々な情報のほか、右下にbotからの相談窓口が出てきますね。

会長さんいわく、botを使うことにより相談するハードルが下がると思う。
ということでしたが、botは単純な事ならすぐに答えてくれるから役立つのであって、簡単に答えが出ないであろう感染症対策をbotは答えられないでしょう…。
質問するほうも、PDFをくっつけたりできるわけじゃないんだから答え辛い質問にしかならないですよね…。

気軽に相談できる窓口なら公式LINE等を用意したほうが良かったのかな?
とも思ってしまいます。
かなり素人考えなので何とも言えませんが…。

 

 

2 特例コロナ加算で変わったこと一覧リスト

これは結構便利といえば便利でしたが、これだけ年末になって特例加算が恒例化してから再度念を押すのはどうかと思いますが…。
むしろ後三か月ちょっとすればさらに大きく変わるので残り3か月のために再度周知する必要があるのかなあ?
と思ってしまいますね…。

もうすぐ終わってしまうけれど、それでもイマイチわからないコロナ特例加算…。

そんな人はケアマネ協議会が作った一覧がコチラ⇓⇓

https://www.jcma.or.jp/wp-content/uploads/201228COVID-19_1-3.pdf


ケアマネ介護福祉士的に今年の一年で介護業界はどう動いた?

f:id:keamanekaigo:20201229212318j:plain

本当に新型コロナウイルスにより振り回された一年間でしたね。


突然閉鎖するデイサービス。
軽度の発熱でサービス拒否。
病院に行きたがらない利用者さん。

どれもこれも仕方のない事でした…。

 

特例コロナ加算や、コロナウイルスによる基準緩和措置…。

 未知のウイルスへ錯綜しまくる情報とそれに踊らされながらの感染対策…。

もうちょっとどうにかならなかったかと反省する部分も多かったかもしれません。

 

ただ、急速にケアマネ業界がIT化したのは間違いありません。

 

地域の会議はzoomやLINEWORKS…。

 

サービス担当者会議や家族とのコミニケーションも遠隔…。

私としてはありがたい面が大きかったですが、それでも高齢ケアマネさん達はついてこれない部分も多かったみたいですね…。

私もそんな中でついていけない部分がありながらもデジタル介護をしていったイメージです。

 

ですが来年もこのくらいのペースでデジタル化してほしいなと願い、お勉強や変化を好まない高齢ケアマネさんに引導を渡してほしい気分です…。

 

こんなブラックジョーク交じりのケアマネ介護福祉士ブログはなんとかなんとか毎日更新を行っておりますので、明日も更新してほしいと思う方は是非青いBボタンのはてなブックマークをお願いいたします。

 

定期的にたまにでいいから見ようかなと思う方も読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 三本木さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓