ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

訪問看護ステーションからの訪問リハビリは報酬引き下げだってよ。

訪問看護ステーションからの訪問リハは報酬減でなくなるかもしれない

f:id:keamanekaigo:20201119222710j:plain

厚生労働省は9日、リハビリテーション専門職によるサービスの抑制を図ろうと提案していた訪問看護の運営基準の厳格化について、来年4月の介護報酬改定での実施を見送る方針を決めた。

訪問看護の本来の役割・機能(*)を踏まえて事業所を運営してもらう、という基本スタンスは変えていない。リハ職によるサービスは単位数の引き下げ、提供回数の適正化などを行うとした。

 社会保障審議会・介護給付費分科会で説明。

委員から了承を得た。 第196回社会保障審議会介護給付費分科会資料 単位数などの詳細は年明けに示す。運営基準の厳格化は行われないが、事実上の“訪問リハステーション”にとってかなり厳しい改定となる可能性もある。 

* 訪問看護の本来の役割・機能厚労省は審議会で、「疾病、負傷で継続して療養する状態にある高齢者らに対し、その人の居宅で療養上の世話、または必要な診療の補助を行うこと」と説明している。 

厚労省が提案していたのは、サービスの提供を担う職員に占める看護職員の割合が6割以上となっていることを、訪問看護の運営基準で事業所に義務付けるという施策。

リハ職の団体はこれを受け、「国民のニーズを排除している」などと強く反発していた。

 厚労省は今月2日の審議会で、運営基準の厳格化の見送りを検討すると表明。

今回の会合では、報酬上の適正化策に絞って実施する意向を明らかにした。 

 

f:id:keamanekaigo:20201124210922j:plain

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

 

訪問看護ステーションからの訪問リハビリが無くなる件については回避できた。

f:id:keamanekaigo:20201120215339j:plain

訪問看護ステーションからの訪問リハビリを揺るがした大きな事件はコチラをチェック⇓⇓

 

keamanekaigo.hatenablog.com

 

どんな話なの?ざっくりケアマネ介護福祉士的まとめ

f:id:keamanekaigo:20201121215412j:plain

今までの法改正を6行にまとめる。

f:id:keamanekaigo:20201126211024j:plain訪問看護ステーションなのにリハビリスタッフばっかりで訪問リハビリステーションみたいなところはよくないよね?最低でも6割は看護職員で、4割がリハビリスタッフにしましょう。』

 

リハビリスタッフf:id:keamanekaigo:20201119083640j:plain『そんなことしたら5000万人の雇用が失われる。署名活動だー。』

 

f:id:keamanekaigo:20201126211024j:plain『じゃあそこまで言うならとりあえず、今年の介護報酬改正は見送ることにします。』

 

リハビリスタッフf:id:keamanekaigo:20201119083640j:plain『やったー。俺たちの勝ちだー。』

 

f:id:keamanekaigo:20201126211024j:plain『人員の見直しはしないけど報酬の見直しはすることで話し合いをはじめるからよろしくね。』

リハビリスタッフf:id:keamanekaigo:20201119083640j:plain『………。倒産するかもしれない…。』

 

というのが現在までの流れ…。

 

 詳しくはコチラ⇓⇓

keamanekaigo.hatenablog.com

 

訪問リハビリの報酬削減てどういう事? 

f:id:keamanekaigo:20201123114555j:plain


ものすごくザックリした計算にすると、

今現在は訪問看護ステーションから訪問リハビリステーションを派遣した場合。

 

20分300円ほど…。

療法士さんが、一日60分を5件毎日回ったとすれば(これが首都圏で残業しない限界値…。田舎は移動時間もあるしこんなに回ったら残業確定かな…。)

 

一日に18000円ほどを叩き出します。

ココから会社の名義で保有している訪問に必要な車の維持費や、社会保険料、給料をひいても十分利益を確保できるでしょう…。

 

今回の報酬引き下げで、無いとは思いますが、報酬が半分になった場合は

20分150円…。

一日頑張っても6000円にしかなりません…。

たとえばこの金額であれば、もうリハビリスタッフの給料も賄えないでしょうね…。

移動も自分の自転車使えって話になります。

田舎は不可能でしょう…。

 

報酬引き下げで、訪問リハビリは消滅する?

f:id:keamanekaigo:20201124212047j:plain

 

流石に、報酬引き下げで半分にはならないにしても、引き下げ幅によっては実質廃業や、赤字部署に転落の可能性がありますね…。

 

特に病院からの訪問リハビリテーションに切り替えられない単独の訪問看護ステーションは報酬引き下げ幅によっては廃業になる可能性が高いです…。

そうなった時はみんなで転職活動でしょう…。

転職と言えば介護福祉の求人探すならカイゴジョブが便利!全国の介護・福祉のお仕事の中から、働きたい地域や職種で絞って検索!転職・就職に役立つ情報満載☆

 

廃業まで行かないにしても確実に給料は減収になることが目に見えています…。

今後の引き下げ幅には療法士さんのみならず、ケアマネも注目していかなければならない事実ですね…。

 

報酬引き下げが大したことなければ訪問リハビリは継続できる?

f:id:keamanekaigo:20201123114620j:plain

 

それも微妙なところでしょう…。

2年後の報酬改定で再度訪問リハビリ潰しが考えられます…。

二年間延命しただけであり、根本的な解決には至っていないため、引き続きこの二年間でどれだけ反対の声が上がるかでしょうね…。

訪問看護ステーションからの訪問リハビリテーション潰しに反対するために、こちらの記事から署名活動を行っていきましょう。

(詳しくはコチラ⇓⇓)

keamanekaigo.hatenablog.com

 

ケアマネ介護福祉士的今回のニュース

f:id:keamanekaigo:20201123115740j:plain

 

凄く希望的観測で世の中の記事は描いてありますが、引き下げ幅によっては2年間も生き残れるか怪しいものです…。

それでなくても新型コロナウイルス騒動でリハビリテーションを受ける利用者さんは減っています。

病院からのリハビリテーションには

 

①主治医の病院からしか訪問リハビリがいけない。

②主治医が必要だと認めなければいけない。

③主治医の病院に訪問リハビリの部署がないといけない。

 

というハードルがあります。

そのハードルがクリアできた人しかリハビリを受けられないのは公平性に欠けると思いますし、制度をややこしくすればするほど、ついていけなくなるケアマネも出てきます。

 

結果、訪問リハビリを受けたくても受けられない状況を作ってしまう事が予測されます…。

 

それでは本末転倒なのではないでしょうか…。

 

報酬の引き上げ自体は利用者さんにとって喜ばしい事ですが事業所が運営できなくなるくらいの引き下げは是非ともご勘弁願いたいものです。

 

これからもこのブログを応援したいと思う人は読者ボタン、はてなブックマークを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

f:id:keamanekaigo:20201030112407j:plain

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 三本木さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇


 

年末大掃除だけでなく、週一回は出番が来ます⇓⇓