ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

福祉用具専門相談員も退院カンファレンスに?新たな加算創設

退院時カンファに新加算。福祉用具貸与は資格取るのに大慌て?

ケアマネージャーが病院に呼ばれて行われる退院時カンファレンス。

病院側もケアマネも加算が取れるためみんな開催に積極的。そんなカンファレンスに新たな加算。今度は作業療法士福祉用具専門員も参加すると加算が入るとの事。福祉用具貸与事業所は急いで資格取得を目指すことに…。

f:id:keamanekaigo:20201016212637j:plain

 

どうもはてなブログ無料版初心者ケアマネ介護福祉士です。

毎日更新継続中で、介護に関するニュースを発信していきます。 毎日アナタのためになる知識を一日ひとつプレゼント!! Twitter始めました。 こちらも最新の記事と私の呟きが見れますので登録お願いいたします。

【公式 】ケアマネ介護福祉士 (@BWm7LDaUhfW1TPC) | Twitter

私の過去記事はコチラ 

   

作業療法士福祉用具専門相談員を呼べばカンファレンスも報酬アップ?その狙いと理由は?

f:id:keamanekaigo:20201016221554j:plain

厚生労働省が、来年四月からの居宅支援事業所(ケアマネ事務所)の加算をどうするかを検討開始。

その中で注目されたのは『退院退所加算』

前回の加算変更でも

『入院時には情報を持っていくと大加算』

『入院時にFAXとかで情報提供すれば中加算』

みたいな感じだったのを厚労省はようやく気付いてくれて、

『大事なのは持っていく方法ではなくスピード』

とまともな見解を示し、

『3日以内に情報提供すれば大加算』

『7日以内に情報提供すれば中加算』

という方法ではなく、スピードに加算をつけてくれました。

まあ実際直接持って行ったかFAXしたかなんて監査の時には誤魔化し放題にできる案件ですからね…。

 

そんな中、今回は『退院時』の加算要件にメスを入れるようです。

ちなみに今現在の退院時加算はとても複雑かつ、ケアマネにはあまりメリットがないです。

 

ケアマネはカンファレンスに出ても退院時加算は取らない?取れない理由を解説

f:id:keamanekaigo:20201016221617j:plain

ケアマネは利用者さんの入院している間の事や、退院後の生活を考えるために退院時のカンファレンスにはできるだけ参加します。

病院側も『退院時カンファレンス』を行うと加算が入るので積極的です。

でも、ケアマネはほとんどの場合がカンファレンスにおいてタダ働きです。

その理由は

『病院側』が算定する『医療保険におけるカンファレンスの算定要件』と

『ケアマネ』が算定する『介護保険におけるカンファレンスの加算要件』

これが大きく違うためです。

現行のルールだと、病院はカンファレンスを行って、ある程度の職種を呼べば加算が入ります。

ケアマネ側のいくつかある退院時の加算要件で算定が大きいものは

『医師を含む多職種』

なので、お医者さんがカンファレンスに参加してくれていないと加算取得が結構難しいです。

でも実際医師を交えてのカンファレンスなんてそうそうないですからね…。

更に今はこのコロナ禍で、面会制限が厳しい状態でカンファレンスを開催するところは少ないでしょう。

もう私なんかはLINEかZOOMでもいいので直接みんなでいろんな話を決めたり、相談したりしたいところです…。

病院側も個人情報の兼ね合いでなかなかオンラインでの会議にこぎつけられていない所が多いですよね…。

今後、会議の在り方やオンライン化をまず優先事項としていくべきかなと思ったりするのですが…。

それでも国はその辺には触れず、福祉用具専門相談員作業療法士の参加へ着目したようですね…。

 

なんで福祉用具専門相談員がカンファレンスに必要な事になるの?

f:id:keamanekaigo:20201016221640j:plain

私は新規利用者さんとか、状態が大きく変わった人はカンファレンスに福祉用具さんを呼ぶ派です。

来てくれるかどうかは事業所さん次第ですが…。

新規利用者さんの場合、事前に頂いていた情報と違ったり、いざ退院の時に明らかにコレ欲しいでしょ?

っていう福祉用具が病院スタッフやリハビリスタッフから伝達されていないなんて事が稀にあります。

そんな時には福祉用具専門相談員の出番です。

『こんな用途で、このくらいの大きさで~』

みたいな説明を電話でしてもうまく伝わりませんが、その場に福祉用具専門相談員さんがいれば、こっちが伝えたいことを理解して、自分の事業所に在庫があるかもある程度把握しているので何とかしてくれます。

また、住宅改修の相談にも乗ってくれるので、福祉用具のついでに住宅改修のざっとした金額等のお話を勧められるので私は結構お世話になっています。

国も今までのカンファレンスには福祉用具貸与事業所が呼ばれることは少ないことを耳にしていたのか、何らかの圧力が働いたのかはわかりませんが、来年度の加算には福祉用具専門相談員を呼ぶと新たな加算が付くようです。

加算の大きさによっては、病院から退院する利用者さんがいる場合。

『この事業所は福祉用具専門相談員がいっぱいいて、加算がガッポリだからこの事業所さんを使おう』

という目線になるかもしれません。

(多分私がケアマネ事務所を一人で開設していたらそういう発想になりますね。)

福祉用具専門相談員を取得しているかしていないかで、福祉用具貸与事業所で働いている方は出世や給料に響く可能性があります。

それほど試験内容は難しくないので、ぜひ取得してみましょう。

資料請求はコチラ⇓⇓

 

更に住環境福祉コーディネーター2級以上があれば私個人としては大変信頼のおけそうな福祉用具担当さんだな?

と思えます。

福祉用具はスピードが命

と大体のケアマネは思っており、欲しいものを用意できるかどうかは基本的に事業所の大きさがものを言いますから、福祉用具の営業さん自体の力量でどうにかなる問題ではなかっただけに、ここは昇進、昇給のチャンスだと思って、福祉用具営業をされている方は頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

このブログでは介護、医療福祉に関する様々なニュースやトレンドを毎日発信していきますのでこれからもまた読んでみようかなと思う方は読者ボタン、はてなブックマーク、スターを頂ければ幸いです。

 

ココからはブログのお知らせ⇓⇓

私と直接お話したい、介護の相談、悩みを解決して欲しい。暇だから相手をして欲しいと言う変人さんはhttps://profile.coconala.com/users/1525418 三本木さん(ケアマネ ソーシャルワーカー 介護福祉士)のプロフィール | ココナラにて三本木として受け付けていますので宜しければ覗いて見て下さい。

宜しければこちらもポチッとお願いします。

ちなみに私はここで転職したら120万年収アップしました。転職したくない職場にまだ巡り会っていない方、本気で転職考えている人は今すぐクリック ⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

 

 

介護にも、育児にも、一人暮らしにも、ダブルケアにも最強の私が名前を付けてこよなく愛用するナンバーワン家電はコチラ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

長年使い続ける愛用機種がパワーアップした私も持っていない超絶豪華版はこちらをクリック

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇