ケアマネ介護福祉士のブログ

時事ネタと介護を絡めて毎日更新中。常にケアマネージャー、介護福祉士、医療、介護従事者、介護している方に最適の情報発信します。

利用者さん向け

上級国民の受刑者が収監されるが介護は誰がやるのか?

東京拘置所に収容されている池袋暴走事故の飯塚幸三受刑者。飯塚受刑者は先月、禁錮5年の実刑判決が確定、現在90歳であることなどから、今後は拘置所で健康状態を確認した上でどの刑務所に入るか慎重に検討。

101歳コロナ対策で2週間サービス中止されたのは違法とヘルパーを訴える

訪問介護サービスを受けていた岩国市の女性が東京から親族が帰省した際、新型コロナウイルスの感染対策を理由にサービスを中止、その後、契約も解除させられたとして、契約解除の無効などを求める訴え。

配食サービスが『配食ドットコム』で更に伸びるマーケットへ

「配食どっとコム」施設と配食業者のマッチングし資料請求やWEB商談へ。配食業者を特徴ごとにフィルタリングする機能を備えており、施設が希望条件と合致する配食業者を検索、精度の高い商談を実現。

福祉用具レンタル業者を装った詐欺が多発中。『購入に切り替え』

福祉用具事業者になりすまして利用者宅を訪問し、レンタル中の福祉用具を「自分の物にできる」などと働きかけ、お金をだまし取ろうとする事例が関東地方で複数発生している。

「どうせ年金はもらえない」「払うほど損をする」という大嘘

「どうせ年金はもらえない」「払うほど損をする」という大嘘。現役世代にはそう考えている人が少なくない。2ちゃんねる創設者のひろゆきさんは「それは間違いだ。年金は金融商品と考えれば、意外に優秀だ」という

ニートが怯える介護職の高いハードル

8050問題の影が。看護師の元夫は、52歳でひきこもり。介護施設へ面接に、「部屋のカーテンが閉まっていて、雰囲気が暗かった」「職員がピアスをしていた。まともじゃない」面接を受ける前に自ら「門前払い」

自宅に往診でコロナ治療追加料金一回47500円は果たして高いのか?

新型コロナウイルス患者の特例を発表。自宅や宿泊療養施設への緊急往診、訪問看護の診療報酬を、3倍へと一気に引き上げ。軽症・中等症向け「抗体カクテル療法」も外来なら3倍へ往診なら5倍へと大幅に引き上げ。

高齢者eスポーツ事業が発足。スポンサー募集で収益化も?

「eスポーツ」の国内初となる高齢者プロチーム「マタギスナイパーズ」が秋田市で発足。全国で最も高齢化が進む秋田県を拠点に技術を磨き国内外の大会出場を目指す。県内在住の66~73歳の男女8人でスタート。

一ヶ月200万円のホテルでリハビリサービスが始まる

リーガロイヤルホテルは「ホテルでリハビリ」をする新プラン発表。30泊で200万円。集中的にリハビリができる「ホテルリハビリ」プランは200万円。歩くことに特化したリハビリや生活動作の機能改善を目指す。

総合事業報酬自治体によって変化。要支援認定者は地域格差広がる

サービス単価設定についても市町村において国が定める額を「上限」として、市町村が地域の実情に応じて定めることとしていたが、この額を「勘案」して定めると改正され市町村独自のサービス単価設定が可能となった

サ高住がつぶれる?虐めれば600万円が自治体に入るシステム発動

・集合住宅に介護サービスを特化し実施している事業者を実施指導対象として重点的に選定・介護支援専門員や自治体職員OB等を加えた特別実地指導チームを組織し指導・効果・効率的な指導に民間団体へ委託可能

10月1日~サ高住潰しのケアプラン点検が蓋を開ければヘルパー潰し

来月から導入する新しいケアプラン検証の制度について厚生労働省は詳しい運用の方法や留意点などを明らかにする通知を発出。市町村が要介護度別に1件ずつ以上のケアプランを指定し第1表、第2表、第3表の届け出。

利用者負担なしでコロナ特例加算は補助金へ移行

コロナ禍を踏まえ各サービスの介護報酬を0.1%上乗せしている現行の特例措置について、田村憲久厚生労働相は24日の閣議後会見で、「実費補助の形へ切り替えていく」との方針を表明した。

消費税5%で、介護、医療費無料の世の中が本当に来るのか?

立憲民主党は「アベノミクス」について、「格差や貧困の問題の改善にはつながらなかった」として失敗とする検証結果をまとめた。次期衆院選では、コロナ禍で落ち込んだ消費を回復するため消費税の減税を打ち出した。

「コロナで職員が集まらない」敬遠される介護施設 見学者数が大幅減

「介護業界は、不景気になると他業界から人が流れてくる傾向。今回のコロナ不況下では、求職者が増えた実感があるという声は現場からは聞こえず。新規オープンホームで、スタッフが集まらず稼働できない」

精神科入院の末に肺血栓塞栓症を発症した患者家族が提訴

精神科病院に入院した女性(当時54)が亡くなったのは、必要のない身体拘束が原因だったとして、遺族が病院側に約6200万円の損害賠償を求めた裁判で東京地裁は、「拘束に必要性があった」として、請求棄却

毎晩電話がかかってくる利用者さんに疲労を感じるケアマネ

Q.ケアマネしています。認知症で一人暮らし男性がいるのですがうつ傾向があり毎晩のように電話してきます。心配してなるべく訪問するようにしていますがプライベートな時間がほとんどなく疲れてしまいました。

厚労省を細分化。河野大臣が総理になれば社会保障はどうなる?

自民党総裁選へ立候補表明した河野太郎行政改革担当相は選挙戦で掲げる年金・医療改革の検討体制を「厚労省に特命担当大臣を置くというやり方もあるし、役所を分けるというやり方までいろんなことが考えられる」

介護美容と遺影撮影。日常と最期を彩るサービス

コロナ禍の中で地方にいる親や祖父母に会えない友人も。人生100年時代。超高齢化社会。現在、シニアと美容はどうなっているのか? 医療なのか美容なのか?将来性はあるのか。「介護美容」というジャンル

障がい者用駐車スペースに止めるための条件知っていますか?

「身障者用駐車スペースに健常者が車を止めるため、障害者が使用できない」との声が届いた。県がパーキングパーミット制度(身障者用駐車場利用証制度)導入して12年。利用証を提示していない車が目に付く。

介護報酬0.1%増のコロナ特例、今月打ち切りに「待った」

現在、全サービスの基本報酬を9月までという期限付きで0.1%上乗せしている。コロナ禍で介護現場に"かかり増し経費"が生じていることを踏まえたもの。全老健などはこれを来月以降も存続させるよう求めた。

移動美容室がおしゃれの未来を?障害の壁を超えるカラー&パーマも

かほく市の美容師山本祐加さん(30)は、いすや鏡などを積んだトラックで個人宅などに出張する「移動美容車」の営業を始めた。コロナで外出を控える人や移動手段がない高齢者の元に駆け付けおしゃれを楽しんで。

タクシーが病院や施設へ荷物を運んでくれるサービスが誕生

「東日本タクシー」(TEL 042-792-5561)は8月1日、宅配便サービス「病院・介護施設便」をスタート。町田・相模原市内の病院と介護施設に荷物や入院中に必要な日用品、着替えなどを届ける。

高齢でも障害でもオシャレに過ごせるブランド紹介

オシャレな介護・ケア用品のブランド「KISS MY LIFE」。「"私らしい生き方"ができるんじゃないか」デザインに”ときめき”を。杖や服。義足だっておしゃれでいいじゃない?介護も障害もおしゃれに

健康寿命世界一、日本でも介護生活期間が5年以上

健医療技術の発達などにより、先進国を中心に平均寿命が80歳を超えることも珍しくなくなってきました。康寿命は74.1歳。男性のみでは72.6歳、女性のみでは75.5歳となっており、どちらも全体で1位。

元SMAP草なぎ剛がアテントのCMで地上波復活

草なぎ剛が出演する紙パンツ「アテント」CM。「#常識をはきかえよう」をテーマに、店頭で購入するとき恥ずかしくないようデザインを一新。草なぎはCM内で「堂々と紙パンツを持ち歩ける世の中になるといいなぁ」

ワクチンパスポートでフランスはワクチン接種を強制?

フランス国民は飲食店や長距離電車などの利用客に、新型コロナウイルスのワクチン接種証明か72時間以内の陰性証明を提示義務。違反には約1万7500円の罰金が科され、店側も業務停止命令や懲役刑などの対象。

車椅子も自動運転に。空港内では実用化していた

医療従事者の負担軽減へ。浜松市の病院で自動運転システムを車いすに応用しようという実証実験「100メートル先のコンビニに行くのをあきらめると話す車いすユーザーに、新しく機能的でクールなモビリティを開発

メンタリストDaiGo大炎上の原因をケアマネ介護福祉士的に考察

メンタリストDaiGo氏が「生活保護の人に食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい」、「ホームレスの命はどうでもいい」、「邪魔だし」、「臭い」などといった差別的な発言をしたことがわかり、炎上。

路線事故を受けて市町村独自の認知症損害責任保険が次々誕生

三重県亀山市は、市の新たな事業「認知症等高齢者等個人賠償責任保険」が9月1日から運用開始となるのに先立ち、今月2日から加入者の受け付けを開始する。県内では四日市、松阪両市などに続き4市目となる。